第3回 光海底ケーブルネットワークシンポジウム

Optical Submarine Networks Symposium in Japnan

世界を結ぶ光海底ケーブルの今と未来
(最新状況、将来技術、安全保障)

~ 専門家、社会人、学生が集うシンポジウム ~

今回のシンポジウムでは、我が国の国家戦略について総務省の西潟課長様から 「デジタル田園都市国家構想と海底ケーブル」のご講演を頂きます。 また国際光海底ケーブルの世界におけるマーケット状況について、PTC理事長のSean氏からご講演を頂きます。 オンラインによる参加の他、会場での参加も出来ますので、皆様ぜひご参加ください!

日時: 2022年9月30日(金)13:00~17:15 (無料)
    会場参加とオンライン参加(Zoomウェビナー)のハイブリッド形式
会場: 早稲田大学 西早稲田キャンパス 63号館 204,205会議室
主催: OSN研究会
後援: Suboptics Fundation
    ツルギフォトニクス財団
協賛: 電子情報通信学会「光通信システム研究専門委員会」
            「フォトニックネットワーク研究専門委員会」
            「光通信インフラの飛躍的高度化に関する特別研究専門委員会」
    IEEE Photonics Society Tokyo Section Chapter
    早稲田大学 理工学術院総合研究所 最先端ICT基盤研究所

Greeting

To my Japanese Partners in the introduction of lightwave technology to connect the continents

Congratulation to the third Optical Submarine Networks Symposium in Japan!
I wish the symposium great success in its efforts to support the submarine cable industry.

Best Regards,

Dr. Jack Sipress

大陸間を結ぶ光通信技術の開発を一緒に進めた日本の友人の皆さんへ

第3回「光海底ネットワークシンポジウム」の開催おめでとう!
「シンポジウム」が海底ケーブル業界の発展に大きく貢献することを祈ります。

ジャック サイプレス博士
元ベル研究所 海底ケーブル研究所所長
元AT&T海底ケーブルシステム 技術部長

ご挨拶

最初の光海底ケーブルが太平洋を横断して30年になります。光ファイバ通信技術は目覚ましい技術革新ととげ 世界のデジタルインフラに貢献しています。
本シンポジウムの開催にあたり海底ケーブル業、政府、大学、通信会社、メーカー、ケーブルシップ会社など 関係者の皆さまから多大なご協力を頂き、感謝申し上げます。 今後とも引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

OSN研究会共同代表

秋葉重幸
新納康彦